赤ちゃんの性別を産み分けたい場合、100%とは言えませんが、確率を上げる事は可能です。

赤ちゃんの性別を決めるのは、受精した精子の染色体によって決まります。

 

精子の染色体には、X染色体とY染色体が存在し、男の子になるのはY染色体を持つ精子が受精しなければなりません。

これらの染色体には、それぞれ特徴があります。

 

男の子になるY染色体は、アルカリ性に強く酸性に弱い。寿命が短く、わずか1日。数が多い。動きが早い。などです。

これらの特徴を上手く利用する事で、男の子を産み分ける確率をアップすれば良い。

 

そのためには、受精のタイミングや、膣内の状況などを考慮して、妊活のタイミングをもうける事が大切。

 

まず、膣内のpH。

普段膣内は酸性状態になっていますが、排卵日の前にはアルカリ性に傾きます。

 

このタイミングで、子作り行為をすることが大切。

つまり、基礎体温や排卵検査薬でできるだけ正確に排卵日を予測し、その日に行う。

 

また、女性が満足できるようなプレイをする事も有効。

女性が満足すると、腟内がアルカリ性に変化します。

 

Y染色体の精子は、酸性に弱いので、生き残りにくいです。

Y染色体の精子が少しでも生き残り、受精して貰うためには、精子の絶対量を増やす事も必要。

 

その日までは禁欲し、精子を貯めておくのも良いです。

さらに、腟内のpHを調整する産み分けゼリーもあります。

 

男の子の場合は、グリーンゼリー。

その成分は、アロエベラエキス、マグワ樹皮エキスなど、自然由来のものがほとんどですが、産婦人科のお医者様に相談して入手すると良いです。