舌苔(ぜったい)って何なの?

口の臭いは結構気になります。

起きたときの口のねばつきや臭いは、ついつい確認してしまいますね。

自分でも気になるのだから、他人からしたら…と考えるとついつい口を押さえたり、顔をなるべく近づけないようにしてしまいがちです。

 

起床時や毎食後に欠かさず歯を磨いているのに口が臭い場合は、何かしら口臭の原因があるのです。

しかしその原因はいくつかあります。

口臭の臭さは、実は唾液の臭いで、その唾液の臭いは舌苔(ぜったい)からできるものなのです。

 

舌苔は食べかすや古い細胞がたまってできたカビのような物なので汚ないものです。

 

舌苔にある「揮発性硫黄化合物(VSC: Volatile Sulfur Compounds)」と唾液が混ざり合うことで更に臭いを発するのです。

 

しかしながらこの舌苔はある程度無いと逆に細菌が増えやすいので、口臭が気になる方は薬局等で販売している舌用の歯ブラシを優しく、1日1回程度使うと良いでしょう。

他にも虫歯や、歯に食べかすがつまったままだと、細菌から臭くなってしまうのです。

 

更に口の中が乾くと臭くなりやすいです。

口が開けっぱなしで寝てしまう人や、カフェインが好きな人も乾きやすくなるので注意が必要になります。

 

そんな乾きやすい口の人はお水を飲むようにしたり、うがいで潤いを与えましょう。

更に、体調不良や内臓系の不調、最悪重い病気の場合も口臭に出てきたりするので、あまり酷くなるようであれば病院へ行ってみるのもオススメです。

口臭を予防するには、舌苔をチェックする

誰かと話をする時、その距離感が近いと、ちょっと口臭がするかも…と心配になりますね。

特に食事をした後に歯磨きが出来ずにいた時の会議とか、ミーティングなど。

 

しかし口臭の原因は、食事による汚れだけではありません。

実は長年蓄積された舌の上の汚れが原因になることもあるのです。

 

この汚れは舌苔(ぜったい)と言います。

舌の上にはポツポツと味雷という味を感じる部分があります。しかしこの部分に汚れがたまり、全体的に白っぽくなることもあるのです。

 

この汚れがあると味を感じにくくなることもあるし、感染の原因になることも。また口臭の大きな原因にもなるのですね。

 

そんなときにお勧めしたいのが、舌苔を取る舌クリーナーなのですね。

舌というのは、意外とデリケートなので、歯ブラシを使用すると痛みを感じることもあります。

そのためやわらかめの専用ブラシを使用するといいのですね。

 

またその後には、口内洗浄液を使用するといいです。

これは歯茎や歯を守ると同時に、舌に苔が付くのも防いでくれるのですね。

 

毎日ていねいにブラッシングしていると、舌の苔もだんだん取れてきます。

そのために綺麗になることが実感できるでしょう。

 

また冬場や乾燥したところにいると口腔内も乾燥して唾液の分泌が少なくなることはないでしょうか。

口腔内が乾燥すると、口臭の原因になるのですね。

 

そのためにマスクを使用して乾燥を防ぐ、また先ほど紹介した口内洗浄液で潤いを保つと、口臭を予防することが出来るのです。