口臭って自分では気がつきにくいものです。

人と話をしていて息が臭いって思うことありますよね。

 

本人は気がついていないみたいだし、面とむかって注意すると相手を傷つけてしまうかもしれないって我慢してしまいます。

でももしかしたら自分の息も臭いのかもしれません。

 

口臭の原因で多いのが歯周病です。

歯周病は30歳以上の日本人の80%がかかっているとてもポピュラーな病気です。

 

ハミガキがきちんとできていないと食べかすに細菌が集まり「プラーク」と言う塊のようなものができてきます

 

朝起きて歯の表面が粘つくと感じた事があるかもしれませんが、それがプラークです。

プラークは普通のハミガキではなかなか取りにくく、しかも菌が増えていくと独特の悪臭がしてきます。

 

つまりこのプラークが発する臭いが口臭なのです。

 

この口臭に効果があると注目を集めているのが「なた豆」です。

なた豆はマメ科の植物で昔から漢方薬や民間薬として使われてきました。

 

特に膿をとる効果があると知られており民間薬として蓄膿症や歯周病の治療に使われてきました。

なた豆の成分を調べてみると抗炎症作用や免疫力を高める成分が含まれているのがわかっています。

 

そのため歯科医院の中ではなた豆エキスを歯周病治療に使っているところもあるほどです。

 

歯科医院に行かなくても簡単に口臭予防をする事ができるのがなた豆のハミガキです。

使う事で口の中のプラークをとって口の中をさっぱりさせ、口臭を防ぎます。

 

歯が粘ついているのが気になる人には特にお勧めの歯磨き粉です。