以前奥歯にある虫歯を治療しに歯医者へ通っていました。

幸いそれほど大きな虫歯ではありませんでしたが、歯茎の状態が悪く歯槽膿漏の一歩手前だと診断されました。

 

以来、甘いものや刺激のある食べ物を控えていたのですが歯肉の赤みはなかなか治りません。

それに口臭もひどくなるばかりで、これは歯磨きから見直さなくてはならないと思いました。

 

ある時折込みちらしに入っていた、なた豆歯磨き粉を思いだして口コミをみてみました。

すると私と同じような悩みを持った方がいて、歯茎の赤みや口臭が改善されたという声がありました。

 

興味深かったのは、長年たばこを愛用していたおじいさんの口臭がほとんど気にならなくなったというものも。

 

今回私が購入したのは、「なた豆すっきり歯磨き粉(矯味) 120g」です。

値段は市販の歯磨き粉よりも高めですが、定期的に歯医者の世話になるよりは断然こちらの方が安いと思い2本購入しました。

 

早速その日の食後に使って歯を磨くと、あまり歯磨き粉が泡立たず「本当にこれでいいのかな?」と感じたのが第一印象でした。

 

通常の歯磨き粉ならたっぷりと泡が立って、口から泡が零れてしまいそうになりますが、なた豆歯磨き粉は違いました。

 

しかし口をゆすいでしばらくすると、いつもならすぐにねばねばする口内がいつまでもさっぱりした感じが続くのです。

しばらく続けていくと、朝起きた時に感じる不快な口臭もすっきりとした清々しさに変わっていきました。

 

歯茎の赤みはまだ少し残っていますが、この調子で歯茎と口臭のケアを続けていこうと思います。